Beauty Create|ビューティークリエイト|熊本|コーチング

menu

Beauty Create|ビューティークリエイト

友人の結婚式でのマナーⅠ招待状

大切な方の晴れの日にお招きされ、恥をかかないよう、またお相手の方にも恥をかかせないよう、マナーは「転ばぬ先の杖」です。

フォーマルな場にふさわしいドレスなどの服装からご祝儀のことなど、気になることがたくさんありますよね。

結婚式のマナーは招待状が届いた時から始まります。

今回は、招待状の返信についてのマナーをご紹介します。

◆招待状が届いたら

届いて2~3日の間にお返事をお出しするのがベストですが、遅くとも期日までには返送します。

日程が決まらない、または出席できるか分からないときは、1週間以内に、電話で直接「○○な事情のためお返事が遅くなります。」と説明し返信期限までには、返信ハガキを出すようにしましょう。返信期限は「準備に差し障りがでる期限」です。

◆招待状の書き方

フォーマルな時の返信ハガキは、毛筆あるいは黒インクの万年筆ですが、最近は黒のボールペンでも大丈夫です。

・『宛名(表面)』の書き方は「○○行」の「行」を二重線で消し、横に「様」と書き直しましょう。
「様」は返信する相手への敬称のため、宛名よりも少し大き目に書きます。

・『出席・欠席(裏面)』の書き方は「御」「御芳」を消して、出席または欠席を〇で囲みます。
「御」は受け取った側へ宛てた敬語なので、2本線で消します。

また、余白に自筆でお祝いのメッセージを添えると、好印象を与えます。

欠席の場合は、余白に欠席理由を書き添えましょう。

基本的なマナーは必要ですが、『祝福』の気持ちをお伝えすることは大切なことです。ハガキを通して「おめでとう!」が伝わると、ご結婚されるカップルも喜んで頂けると思います。

友人の結婚式式でのマナーⅡご祝儀

友人の結婚式でのマナーⅢ服装(洋装)

ご予約・お問合せ

フォームはこちらから
ご予約・お問合せ

メールアドレス:el@bcreate.net

ビューティ−クリエイト
〒869-1236 熊本県菊池郡大津町杉水3542-62