Beauty Create|ビューティークリエイト|熊本|コーチング

menu

Beauty Create|ビューティークリエイト

友人の結婚式でのマナーⅡご祝儀

今回は、ご友人の結婚式にご招待されたときの「ご祝儀」に関するマナーです。

ご祝儀は地域や家のしきたりなどでも変わってきますが、一般的な目安をご紹介します。

◆ご祝儀の目安

友人の場合、ご祝儀の目安は2~3万円が相場です。

会費制の結婚式披露宴が慣習の地域では「ご祝儀」ではなく、一般の相場よりも少ない金額になるかもしれません。その土地の風習にならったご祝儀の出し方をしておきましょう。

以前は、偶数は二つに割れるので縁起が悪いとされてきましたが、現在では「二人の幸せを祈る」とか「カップルを意味する」ということで、ご祝儀に二万円を包むことは許容されてきています。

ただし、「四」と「九」は現在でもタブーの数字。この金額を包むことは避けましょう。

お祝いごとはきちんとしたフォーマルな場ですから、包むお金には必ず新札 を用います。
特に結婚式は、事前に予定を知らされているものですから、早めに銀行などに行ってきちんと新札を用意しておきましょう。

お札はすべて向きをそろえて中袋に入れます。

この時に、中袋を開いたときに、お札の表(肖像が印刷されている面)が上 になるように入れましょう。

 

 

◆ご祝儀袋の包み方

ご祝儀袋の表書きは、基本的に毛筆や筆ペンを用います。
読みやすいように、楷書体で濃くはっきりと記入します。
中袋は、筆文字だと万全ですが、かすれない、しっかりした濃い黒字であれば、サインペンなどでも大丈夫です。

お祝い事は、上包みの裏側の折り上げ方は、特に気をつけたいマナーのひとつ。

旧字

結婚式のようなお祝いごとでは「喜びは天を向く」「幸せをもらい受ける」という意味で、上向きに折り返されている方を表 に重ねて水引きを通します。
ちなみに、下向きを表にするのはお悔やみごとの場合です。

ご祝儀はふくさに包みます。バッグやポケットからそのまま出すのはNG!

会場の受付でご祝儀袋を渡すときは、「本日はおめでとうございます」と一言添えて、ご挨拶をします。

その後、ふくさを開いてご祝儀袋を出し、相手から見て文字が読める方向に両手で渡すようにします。

友人の結婚式でのマナーⅠ招待状

友人の結婚式でのマナーⅢ服装(洋装)

ご予約・お問合せ

フォームはこちらから
ご予約・お問合せ

メールアドレス:el@bcreate.net

ビューティ−クリエイト
〒869-1236 熊本県菊池郡大津町杉水3542-62