Beauty Create|ビューティークリエイト|熊本|コーチング

menu

Beauty Create|ビューティークリエイト

友人の結婚式でのマナーⅢ服装(洋装)

結婚式に招待されたときの服装選びは楽しみでもありますが、何を選んだらよいか迷ってしまいますね。大好きなお洋服を選んでも、マナーをはずしてしまうとお相手の方にも恥をかかせてしまうことになりかねません。

フォーマルなお祝いの場での、正しいファッションマナーを身につけましょう。

欧米のフォーマルなドレスコードは、「イブニングドレス」や「ディナードレス」といった世界基準のドレスコードですが、日本の結婚式では場違いになってしまうこともあります。

結婚式や披露宴の主役はあくまで新郎新婦です。自分のファッションを披露するものではないことを心得ておきましょう。

白い服装

ウェディングドレス・白無垢姿の花嫁を引き立てるため、白や類似色を避けます。これは花新婦への気配りです。

ショールやボレロ等羽織物の色にも注意しましょう。

 

全身真っ黒といった装いは喪の装いを連想させます。

結婚式で黒ドレスを着るなら、光沢感のある素材や、豪華なビジューを合わせるなど、小物やディテールで華やかさを演出しましょう。

華やかな装いはお祝いの表現でもあります。

 

肌の露出の高い服装

ミニ丈やベアトップのドレスなど露出が多いドレスはNGです。

ドレスのデザイン上、肩が見えるならば、ボレロやストール等の羽織り物を用意しましょう。 

奇抜な服装

キラキラなゴージャスドレスは、クリスマスパーティなどでは許容されても、フォーマルな服装としては目立ちすぎです。

当日の主役は新郎新婦あることを忘れないようにしましょう。

カジュアルすぎる服装

  カジュアルなパンツスタイルやジーンズなどの軽装は避けましょう。


フォーマルな場での靴は、つま先とかかとが隠れていて最低3cm以上のヒールが理想です。素材はシルクやエナメルのパンプスと言われています。

ヒールは細ヒールがエレガントな雰囲気を与えます。
最近はバックストラップも多く使われています。

オープントウ(足先が出る靴)は「妻が先に出る(つまさきが出る)」ということでNGといわれていますが、本来は露出の多い靴はフォーマルでないことが理由です。
かかとのないミュールやサンダルも同じ理由でNG
ブーツもフォーマルな場ではふさわしくありません。
また、かならず肌色のストッキングを履きましょう。

バッグ

バッグは小ぶりものが適しています。ご祝儀袋の袱紗・お財布・ハンカチ・ティッシュ、最小限の化粧品や貴重品などが入るバッグを選びましょう。

クラッチタイプはフォーマルな席にとても映えますが、チェーンや持ち手があると両手を使えて便利です。
素材はシルク素材、サテン素材とされています。
サテンのプリーツ、レースなども装いを華やかにします。

皮革製品は「殺生をイメージさせる」ということで、お祝いの席には好ましくありません。
どんなに高級で高価なブランドバッグであっても、素材としてふさわしくなければNGです。

ファー(フェイク)

虫類革と同じく、「殺生をイメージさせる」ということもありますが、「食事の場で毛皮が飛び散ることが不衛生」という理由もあります。

最近はゴージャス感を出すために新婦のドレスの素材の一部としてファーが取り入れられてきており、タブーな度合いは下がっているようですが、良く思われない方もいらっしゃいますので、避けたほうが無難です。

友人の結婚式でのマナーⅠ招待状

友人の結婚式式でのマナーⅡご祝儀

 

ご予約・お問合せ

フォームはこちらから
ご予約・お問合せ

メールアドレス:el@bcreate.net

ビューティ−クリエイト
〒869-1236 熊本県菊池郡大津町杉水3542-62